洋楽和訳

洋楽をひたすら和訳します

【ありがとうAvicii】Heaven / Avicii の歌詞の和訳

信じられますか。

Aviciiが死んでしまったなんて。

辛い時はいつもいつもAviciiの曲を聴いて励まされてきました。

28歳でこの世を去るなんて、早すぎると思いませんか。

 

この曲はAviciiがアルバム「Stories」に収録しようとしたけど、結局収録できなかった曲だそうです。

 

その名も「Heaven」

 

天国です。

 

 

Heaven - Avicii の歌詞の和訳

Step out into the dawn
夜明けに踏み出して
You pray ’til, you pray ’til the lights come on
光が見えるまでずっと祈るんだ
And don’t you feel like you’ve just been born?
すると生まれてきた時のように感じないか?

Yeah, you come to raise me up
うん 君が僕を支え、励ましてくれる
When I’m beaten and broken up
僕が打ちのめされた時や、別れた時
And I’m back in the arms I love
そして僕は愛のある場所に戻ってくる

And I think I just died
僕は死んでしまったと思うんだ
I think I just died
死んでしまったんじゃないかな
Yeah, I think I just died
ああ 死んでしまったよ
I think I just died
僕は死んでしまったと思うんだ
And went to heaven (ohh)
そして天国へ行った
And went to heaven (ohh)
天国へ行ったんだ
And went to heaven
天国へ行ったのさ

It’s such a night, such a beautiful night
なんて美しい夜だろう
It’s such a beaut’, such a beautiful sight
なんて美しい眺めなんだろう
I think I just, oh, I think I just died (ohh)
僕は死んでしまったんだな
And went to heaven
そして天国に来た
And went to heaven (ohh)
天国に来たんだよ

We’re go be birds, we’ll fly
僕たちは鳥になる そして飛ぶんだ
We’ll go, set the world alight
行こう 世界を明るく照らすんだ
We’re gunna lose ourselves tonight (ohh)
今夜は我を忘れるくらい没頭しよう

We’re go be birds, we’ll fly
僕たちは鳥になる そして飛ぶんだ
We’ll go, set the world alight
そして世界を照らしに行く
We’re gunna lose ourselves tonight (ohh)
今夜は我を忘れて夢中になろう
Heaven
天国に来たんだ

詩の解釈

以下全て、個人的な解釈ですけどね。

Yeah, you come to raise me up
うん 君が僕を支え、励ましてくれる
When I’m beaten and broken up
僕が打ちのめされた時や、別れた時
And I’m back in the arms I love
そして僕は愛のある場所に戻ってくる

これは音楽のことを言ってるんじゃないかと思います。Aviciiって純粋に音楽が大好きで音楽を作ることが生きることみたいにインタビューで言ってたりするので。

音楽が僕を励ましてくれる
辛いことがあっても音楽が僕を愛で包んでくれる

というような意味なんじゃないかな、と思います。

Aviciiには音楽が全てだったんじゃないかなあ。

I think I just died
死んでしまったと思うんだ

これは、純粋さだけで音楽に関わっていた自分が死んだ、ということなのではと思いました。

Avicii自身は物欲で動いたことは一度もなかったそうです。

でもEDM界が変わってしまった。

2017年のローリングストーン誌のインタビューで以下のように語っています。

「4、5、6年前からEDMは過飽和状態になってきた。あの頃から金が全てになったんだ。その頃から俺はEDMとの関わりを持ちたくないと思うようになった」

参照:http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28260/2/1/1

Avicii自身はお金に興味ないのに(純粋に音楽を作りたいだけなのに)、業界全体が飽和状態になって全体として稼ぐことが重要な環境になってきた、ということですね。

だから「純粋に音楽を作っていきたい自分」は死んでしまった、ということなんじゃないかと思いました。

We’re go be birds, we’ll fly
僕たちは鳥になる そして飛ぶんだ
We’ll go, set the world alight
そして世界を照らしに行く
We’re gunna lose ourselves tonight (ohh)
今夜は我を忘れて夢中になろう
Heaven
天国に来たんだ

全てから解放されて天国に来たAviciiは、ここ最近ずっとできなかった「純粋に音楽制作にのめり込む」ことができるようになりました。

鳥のように自由になって、美しい夜の景色に魅了され、心が解放され、最っ高の音楽を作り上げよう、と意気込んでいます。

そしてその最高にフリーな状態で夢中になって作った音楽は世界を照らすものとなることを知っています。

 

そんな感じの曲なんじゃないかと思いました。

 

実際にAviciiは凄まじいスケジュールで世界ツアーをこなしていて一年で30億くらい稼いでいたそうです。忙しさと飲酒で健康も害していました。

先のローリングストーン誌のインタビューでは「どう生きるかを考える必要にかられた。成功するために成功を求めているって感じだったから、もう幸せを感じられなくなっていたのさ」と語っています。

参照:http://rollingstonejapan.com/articles/detail/28260/2/1/1

なので2016年にはDJとして演奏する世界ツアーをもうやめるとしました。音楽制作に没頭するためです。以下、上の記事からの引用です。

「人生やキャリアのある時点で、俺たちは誰でも自分にとって何が一番大切かを理解する」「俺にとってそれは音楽を作ること。俺の生きる目的がそれで、俺はそのために生まれてきたと思うんだ」

 

「去年(※2016年)、俺はライブで演奏することをやめた。きっと多くのファンがあれを俺の終わりと思っただろう。でもライブ演奏の終わりがアヴィーチーや俺の音楽の終わりじゃない。ライブ演奏をやめた後、俺は全てを納得できる場所に戻った。つまり、スタジオだ。次は俺の音楽作りへの愛情をお前たちに見せることにする。これは新しいステージの始まりさ」

ということを言っていたようです。

 

つまり天国=スタジオ

 

ということなんじゃないかと思います。

 

まあ個人的な解釈ですけどね。

 

Aviciiは日本が大好き、また名前の由来について

インスタグラムから

Aviciiは日本がすごく好きなんじゃないかと思います。インスタグラムで2016年に日本に来たときの写真を23枚(多分)もアップしています。

いろいろと嬉しいコメントが目立ちます。

Osaka thank you for tonight! This was my first long expected show in Japan and I am so glad that it finally happened and for your patience. You guys are the best! 🙏🏻🇯🇵

→大阪のみんな、今夜はありがとう!待ちに待った初めての日本の公演だったけど、実現できて、そしてこれまでみんなが待ってくれてとても嬉しかった。君たちは最高だよ!(訳:私)

Osaka you guys were so amazing! Just want to share more and I know Tokyo tomorrow will be just as great!

→大阪のみんな本当に最高だったよ!ただもっと写真をシェアしたいと思って投稿したよ。そして明日の東京公演もただただ素晴らしいものになるだろうね!(訳:私)

ちなみに、公演につき1枚だけしか写真あげないこともあるのに大阪だけで4枚も上げています。

 One more from the great show last night in Osaka, Tokyo see you soon!

→昨夜の大阪公園からもう一枚、東京でもよろしく! (訳:私。)

本人にとって相当最高のライブだったのかもしれませんね。

Some of my awesome fans. Meeting you guys in person and seeing on a personal level that I am able to affect other humanbeings with joy has a huge impact on me. Love you guys! ❤️

 

→最高のファン達だよ。喜びをもって影響を与えることができたと思えるファン一人一人に直接会えることは、僕にとっても大きな影響があるよ。愛してるぜ!(訳:私)

Tokyo tonight! This show was seriously one of the best of my life!

→今夜の東京公演!真面目に、人生で最高のライブの一つだよ!(訳:私。)

ちなみに東京公演も3枚上げています。

個人的に嬉しかったのは以下の投稿

 I have really fallen in love with this Country 🇯🇵 Here's one more from beautifull Kyoto.

 →本当にこの国に恋してしまったよ。これは美しい京都からもう一枚。(訳:私。京都の清水寺の写真です)

 

という感じで、日本を気に入ってくれたようなんですよね。

 

Aviciiという名前の由来

なんでこんなに日本の写真を投稿しているんだろうと思いました。まあただ単に観光の時間が取れた&文化的に違いすぎる国だから面白かった、などなどそういう理由かもしれませんが。。

でもAviciiという名前の由来を調べた時、すこ〜し日本とつながるものもあるのかな?と思いました。

Aviciiという名前の由来は仏教用語で「無間地獄」を意味する「Avici」からきているそうです。MySpaceで音楽配信してた時に「Acici」がもうすでにいたのでもじって「Avicii」にしたそうです(参照:https://disc-j.net/club-music/edm/8862/) 。

 

無間地獄とは、

「阿鼻(無間)地獄」
・・・

阿鼻はサンスクリットaviciの音写語で、無間と訳される。無間とは苦しみが間断無いことをさす。

・・・

地獄説の内容、展開は、経論により複雑多岐であるが、日本では平安中期の源信が『往生要集』に詳しく説いた八大地獄の説が一般的である。
 それによると阿鼻地獄は一番下層にあり、父母殺害など最も罪の重い者が落ちる。そこへの落下に二千年も要し、四方八方火炎に包まれた、一番苦痛の激しい地獄である

(参照:https://hobbytimes.jp/article/20180328ta.html

ということですね。

仏教徒の数自体は日本には多くありませんが、日本は仏教とたくさんのつながりを持った国だと私は考えています。

なぜAviciiが仏教用語を知っていたかはわかりませんが、そんな仏教とつながりのある日本に何かを感じ取ったのかな、と妄想しました。

Aviciiが本当に日本を気に入ってくれていたのなら日本人として本当に嬉しいです。

天国でも楽曲制作に勤しんでいることでしょう

彼がなぜ「無間地獄」を選んだのかはわかりませんが、これだけ人を喜ばせ、生きる糧(私は本当に曲を聴いて辛いことも頑張れました)を与えたのだから実際は天国に行っているのでしょう。

彼のいない世界は寂しすぎる。

けど彼の音楽がある。

彼の音楽はいつだってそこにあるし、永遠に私を励ましてくれるのでしょう。

Aviciiは天国で笑って、夢中になって音楽制作に励んでいるのだと思います。

そこはもう、お金のことなど考えなくていい世界、楽園。

Aviciiの曲を聴いてみんな笑っています。

そう思います。

 

ありがとうございました、Avicii。

ありがとうございました、ティム・バークリングさん。

ご冥福をお祈りします。